読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるトク! ~お役立ち情報ブログ~

旅行、グルメ、ライフハック、ニュース、FX、映画、とにかく何でもネタにしていきます

【スポンサーリンク】

騒音被害で警察を呼んでもいいの?~警察を呼ぶときの注意点と流れ~

生活

集合住宅に住んでいると必ず問題になるのは騒音被害。

飲み会、楽器の演奏、洗濯機の音などなど、自分ではそんなつもりは無くても他人からすると騒音になってしまう音は沢山あります。

私はこの前、深夜2時まで宴会をしていた隣の騒音に耐え切れずに警察を呼んでしまいました。

最初は「騒音なんかで警察呼んでいいのかな?」「怒られないかな?」なんて思いましたが結果的には警察を呼んでよかったと思いました。

そこで、騒音に悩んでいる人の為に騒音で警察を呼ぶときの注意点や流れについてまとめました。

f:id:narutoku:20150720132652p:plain


騒音ってどの程度が騒音なの?


警察を呼ぶとき、最初に気になるのは「そもそも現在聞こえているこの音は騒音って言ってよいのか?」ということです。

そこでしっかりと騒音の定義を知っていれば、自信をもって通報できますよね。そこで騒音の定義を知っておきましょう。

ちなみに騒音と認められる音量は昼間は55デシベル以上、夜間では45デシベル以上というレベルの音です。

これを日常生活と照らし合わせると「普段の人の話声」や「お風呂の排水音」などが55デシベル程度、「エアコンの風の音」や「木の葉が風になびく音」が45デシベル程度です。

壁があるのに隣の部屋から「普段の人の話し声」くらいの音量の音が聞こえたらその部屋の人は非常に大きな音を出しているに違いありません。

また夜間に関してはあなたが隣の部屋の人の声やスピーカーの音がうるさい!と思えばその時点で騒音とみなされる可能性が高いです。

だから「うるさく感じるけど・・・もしかして自分が神経質になっているだけかも?」なんて考える必要はありません。みなさんが思っている以上に騒音とみなされる敷居は低いのです。

環境省の定義によりますとこの基準は「健康上に被害が出ないレベル」となっています。つまり「うるさいな~」なんて思いながら生活をしていれば健康に被害が生じるという意味でもあります。

音が気になって眠れない、となりがうるさくてイライラする・・・そうなる前に速めに対策をいたしましょう。


騒音についてもっと詳しく知りたい方はこちらの環境省HPに詳細が乗っています。
環境省_騒音に係る環境基準について


警察を呼ぶときの注意点

警察を呼ぶ前にできることを考える


警察を呼ぶことは決して悪いことではありません

警察の方は騒音による通報に慣れています。それに守秘義務もかなりしっかりしています。「誰が通報したの?」なんて聞かれても絶対に言いませんし、そもそも警察自体も誰が通報したのか知らない場合もあります。

なので逆恨みされる心配もありません。

しかし、もし他に何かできることがあるのなら警察を呼ぶ前に勇気を持って行動をしてみましょう。相手も自分の出している音が他人に迷惑をかけているという自覚が無い場合もあります。

注意をすれば「あ、すいません。気をつけます」なんていって気をつけてくれる優しい人かもしれません。そんな優しい人に警察を投入するのはかわいそうかも?

警察を呼ぶ以外の騒音対策の定番としては

  • 管理人に連絡をする
  • 壁ドンをして「うるさい」と言う気持ちを伝える
  • 手紙などの書類をポストに入れる、貼り付ける
  • 直接訪問をして困っていることを伝える

などあります。

私が警察を呼んだ時も最初は直接文句を言いに行きました。「夜も遅いのでなるべく静かにしてください」となるべく穏やかに丁寧に。しかし、軽くあしらわれた上、飲み会をしていたみんなで大爆笑。その後も全く収まる気配が無かったため、やむなく警察を呼びました。


*直接文句を言った後、すぐに警察を呼ぶと誰が警察を呼んだかがわかってしまうため、注意しましょう。*


警察を呼ぶメリットとデメリットについて考える

警察を呼ぶメリット
  • すぐに騒音が収まる(即効性)
  • 今後も騒音が出し難くなる(継続性)
  • 誰が呼んだかわからないため、逆恨みされない(匿名性)
警察を呼ぶデメリット
  • 警察は強制的に騒音をやめさせることはできないため、反発してより酷くなる可能性
  • 部屋数の少ないアパートでは、誰が警察を呼んだかわかってしまう可能性


以上のように警察を呼ぶことにはメリットとデメリットがあります。

これを踏まえた上で、警察を呼ぶべきかを自分で判断しましょう。


交番に連絡するより「110」に電話する


交番に直接電話するよりも「110」へ連絡しましょう。

騒音は一度の注意では収まらないことがあります。そんな時、「なんとなく110へ電話するのは怖い」という気持ちから直接交番に連絡する(行く)のはやめましょう。

もし、1度で騒音が収まらない場合、再び警察に頼ることになりますが、そうやって何度も交番へ連絡していると次第に相手にしてくれなくなります。

しかし「110」への通報では絶対にそのようなことはありません。「注意してください」と言えば必ず出動命令を出してくれます。というか110番通報があったらそこにいく義務が生じます。

そのため、絶対に近所の交番へ連絡するのではなく、「110」へ連絡してください。


騒音で警察を呼ぶときの流れ


私が実際に電話したときの実際の会話です。参考にしてください。

まず110に電話します。
このとき僕は自分の携帯を使って電話しました。


ガチャッ

警察「事件ですか?事故ですか?」

私「事件でも事故でもないんですけど、、、騒音です」

警察「人の声ですか?物音ですか?」

私「人の声です」

警察「では現場の住所を教えてください」

私「○○県○○・・・○○マンションの3階の一番奥の部屋です。すいません部屋番号まではわかりません」

警察「○○マンションですね。確認いたします。」

警察「○○県○○・・・○○マンションの3階の右奥の部屋ですね?」

私「はい」

警察「差し支えが無ければあなたのお名前を教えていただけますか?」

私「はい。○○です」*ここで匿名でお願いすることもできる。

警察「現場の警察官にお会いになりますか?」

私「いえ、会わなくて良いです」

警察「かしこまりました。」


会話はこんな感じでした。10分後、警察が2人やってきて、隣の部屋に注意をしていました。その後さっきまでの騒音が嘘のように静かになりました。

少し聞き耳を立てていたのですが、未成年が集まってお酒を飲んでいたらしく、本人達はとてもおどおどしていました笑

やはりさすが国家権力ということでしょうか?誰でも警察に注意されると少しは意識するようになりますよね。


最後に


アパートやマンションで全く人を気にせず音を出す人っていますよね。私にはそれがとても不思議で仕方ないです。

なんで他人のことを考えられないんですかね?


そういえば私の友人に隣人に引越しをさせたつわものがいます。彼は夜中に踊りの練習をする隣人に悩んでいました。しばらく我慢していたのですが、あるときついに我慢ができなくなり、新聞紙の切り抜きを組み合わせて「夜中踊るのやめてください」という手紙を出したそうです。(脅迫状みたいなやつ)

その後、隣人はピタッっと踊りをやめただけでなく、数ヶ月もしない内にに引っ越ちゃったみたいです(笑)

なのであなたも試してみる価値はあるかも?

最後になりますが、やたらめったら警察を呼ぶのはやめましょうね。警察も暇ではありません。

あなたが本当に困っている、あるいはうるさすぎて耐えられない、そういうときだけ警察を呼ぶようにしましょう。

警察は本当に困っている人には非常に紳士に対応してくださいます。