なるトク! ~おとメの雑記ブログ~

旅行、グルメ、ニュース、FX、就活、映画、とにかく何でもネタにしていきますライフハック、ニ

今の「応用化学」という学科を選んだ理由について

f:id:narutoku:20160709234027j:plain

どうも!はじめてトピックにこびてみようかな?と思ったおとなめがねです。

今回のトピックは「今の仕事を選んだ理由」ですが、学生の私は「今の学科を選んだ理由」で記事を書きたいと思います。

もともと学科の選び方っていう記事は書きたかったので調度いいかな?なんて思います。




スポンサーリンク



現在、私は工学部の応用化学科に所属しています。

ん?応用化学って何やるのかって?

応用化学というのは「現在ある化学的な技術や理論をどうやって日常生活に応用してくのか?」ということを考える学科です。

例えばiPS細胞を例にあげると、あの細胞を開発するってなると主に理学部の人たちが活躍する。そして開発されたiPS細胞をどうやって医療現場で使おうか?って考えるのが工学部の人たちです。
*山中教授は開発から応用まで自分でやっていますが・・・

このような関係が理学部と工学部の関係です。


さてさて、本題です。「なぜ私が応用化学科」を選んだのか?それは「将来的な選択肢が多い学科だから」です。


私はもともと医学部に行きたかった。医学部に入って、その後医者になって、数年か数十年は日本で色々な経験を積む。その後は国境無き医師団に入るかWTOに入って海外でバリバリ活躍したい、そんな夢を持っていた。


国立大学に行くには二つのテストを受ける必要がある。一つはセンター試験。センター試験は基礎的な問題が多く、国立の医学部となると八割以上、出来れば八割五分以上あるのが望ましい。
そしてセンター試験が終わると、次は二次試験という大学独自の問題を扱うテストがある。二次試験はセンター試験よりも問題の難易度は高い。しかし、医学部に受かる人はこのテストも八割以上は必須である。

そしてセンター試験と二次試験、双方の点数から合格不合格が決まるのだ。

センター試験というものは自己採点ができ、自己採点の結果から自分の志望大学を決められる。まずはココでいい点と採らなければ医学部の道は見えてこない。だから医学部に行くにはセンターは非常に大切なのだが・・・僕はセンター試験でどうあがいても医学部には入れない点数を取ってしまった。

うぅぅ。当時は絶望をした。浪人までしたのに・・・
よく浪人しても成績が上がらない人は多いと言われているが、僕は偏差値で言えば地方国立の医学部くらいの偏差値まで上げることが出来ていた。

努力が無駄になったとは思わなかったが、「完全に医者になるという夢は消えた」と感じた。

さて、そんな状況だったため、どこの学部に行くべきか?どこの学科に行くべきか?全く検討がつかなかった。
そもそも医学部以外の学部のことはあんまり調べていなかったし、全く興味も無かった。だからとにかくネットで色々な大学を調べ、どんな学科があって何をしているのかを徹底的に調べていった。

でも調べても調べてもなかなかしっくり来ない。そもそも大学でやりたいことが無い。それに大学生活のイメージが出来ない。


そんな途方にくれていた時、高校三年のときの担任の先生から電話がかかってきた。


このとき、僕は恐らく人生でもっとも長く教師と会話をしたと思う。学校に行っていたときでも数時間1対1で話をする機会など無いだろう。

このときの元担任には今でも頭が上がらない・・・

さて、ぼくはこの電話があったから応用化学科を選択したのだが、ここからが本題である。ここまで長々と僕の昔話に付き合ってくれてありがとう!感謝感激雨あられだよ。

では僕が応用化学を選択した理由を書いていく。

「もし、理系文系にこだわりが無いなら理系のが良い」

大学内では転部と呼ばれる学部を移動することができる制度がある。(工学部→法学部のような)だからもし自分に合わない学部に入っちゃったり、他の学部に興味が出てきたら学部を変えてしまうのも手である。そんなとき理系から文系に行くことは出来ても、その逆は難しいのだ。理系科目はとにかく基礎内容が多い。だからちゃんと学ぶためには大学1年から学んでいく必要がある。だから二年生や三年生になってから理系に転部することは難しい。だから最初は理系の方が良い。

また。就活でも理系の方が間口は圧倒的に広い。理系の人間が金融やコンサルタントのような理系の専門知識が必ずしも必要でない業種につくことは多々ある。しかし文系の人間が化学の研究者になったり、建築家になったりすることはありえない。だから「興味のある学科がない人」や「理系か文系を迷っている」という人にとっては理系の方がいい。

「理学部よりも工学部の方が就職の幅が広い」

理学部は「理を追求する」ことに力を注いでいます。だから企業からすれば「それはどんな利益に繋がるの?」って言いたくなっちゃうんですよね。
もちろん理の追求から偉大な発明が生まれ、我々の生活を豊かにしています。ですが企業は断りの追求よりも目先の利益が大切です。利益がなければ企業は存続できないんですから。

なので理学部の友人達は教員になったり、教授を目指したりっていう人が多いです。

一方工学部というのは「理論を世の中にどうやって応用していくか?」という点に力を注ぎます。研究結果がそのまま製品に直結する。だから企業からすれば利益を生み出す人間と言える。

だから一般的に言えば工学部の方が就職は有利です。あくまで一般的に言えばですが。

「生物、物理、化学で言えば化学が一番就職しやすい」

もし私が建築に興味があったり、はたまた機械が好きだったりすれば、建築学科や機械科とか、ある分野に特化した学科に進む可能性はあったでしょう。ですがいざ大学に進もうってなって、自分にはそこまで好きな学科というものは無かった。だから高校で習っていたイメージのつきやすい「生物」か「物理」か「化学」の学科が良いと考えた。もし、入ってから「うげ、全く興味ないわ」、「え?ちょっと想像と違うわ」なんてなったら大変である。だから少しでもギャップの少ない学科が良いんじゃないかと。

さて、この三つの中でどれが一番良いか?
まず「物理」について。物理は基本的には理学部が多い。あんまり工学的な物理って存在しない。だから物理と言う選択肢は消える。
次に生物について。生物はこれからどんどん注目を浴びていくであろう学問である。しかし、現状ではまだ生物系の就職先は少なく、就活は難しいらしい。(大学で聞いた)
だからこの三つの中では化学という学問が一番就職の幅が広いという面で利点がある。この幅が広いというのは職種の選択枝が多いということです。、もちろん研究者にもなれるし、生産系の工場にも勤められる。ITなんかもいければ製薬から石油まで、さまざまな選択肢があって、大手から中小まで大小さまざま企業が存在する。だからやりたいことが無いよーとか、何に興味があるかわからない、なんて人には良い学科なんじゃないかと思う。

最後に

今回の記事は何も他の学科を否定するために書いたわけではない。また就活が困難と言っているのも、実際には先輩方はちゃんと大手に就職できている。
今回、みなさんに伝えたかったのは空くまで僕が今の学科を選んだ基準である。だから下手にこの記事を読んで「え、学科変えようかな?」とか思っちゃダメでござるよ!

一番いいのは興味とか目標なんかで選ぶことです!!



よかったらシェアしてくれると嬉しいです!!

カテゴリー階層 はてな内 カテゴリー階層