読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるトク! ~お役立ち情報ブログ~

旅行、グルメ、ライフハック、ニュース、FX、映画、とにかく何でもネタにしていきます

【スポンサーリンク】

ゲイ、レズといった同性愛者を理解できるようになるたった1つの考え方

おとなめがねは考えた ノンフィクション ライフハック

こんにちは。さいきん炭酸水レモン味にはまっているおとなめがねです。

f:id:narutoku:20161003225318j:plain

今回はゲイの友達に色々質問したら、予想外に理解しやすい解答を得られたのでそれを記事にしたいと思います。

記事まとめ

  • 3つの異なる性別
  • 同性愛者を理解するには男女の恋愛に置き換えれば良い

3つの異なる性別を考える

まず同性愛者とは何か?についてです。

こういったジェンダーを考えるときには3つの性別について考えなければなりません。

f:id:narutoku:20161003220433j:plain

  • 心の性別
  • 体の性別
  • 好きな人の性別

この3つの性別を考えます。


例えば、ゲイとは体の性別が男であり、好きな人の性別が男の人のことを言います。
なので心の性別は女であっても男であってもゲイと呼ばれます。

また、体の性別が男、好きな人の性別は女の人であっても心の性別が女の人もいます。
心が女性、体は男性、好きな人の性別は女性なので一見すると普通なようですが、心は女性です。

一般的に体と好きな人の性別が同じ人を同性愛者といいますが、同性愛者の仲にも心の性別によって色々違うんですね。

ちなみに心の性別と体の性別が一致しない人を一般的にトランスジェンダーといいます。


ちなみに僕は

f:id:narutoku:20161003221404j:plain

こんな感じです。

僕のゲイの友達は

f:id:narutoku:20161003221521j:plain

こんな感じです。


このようにジェンダーを考えるときはこの3つの性別について考えます。


同性愛者を理解するには自分に置き換えてみればよい

タイトルどうりです。同性愛者を理解する、同性愛者について考える、そういうときは常に普通の男女の恋愛に置き換えて考えればいいんです。

僕は最初、これが理解できずに色々友達に聞いてみました。

なんで男の人(同性)が好きなの?

めがね:「なんで男の人が好きなの?なんだか感覚がつかめないわ。」

別に深い意味は無く、単に友達に聞いてみました。僕には男の人が好きだという友達の言葉が良く理解できなかったのです。ここに差別的な意味は一切ありません。

友達:「基本的にゲイを理解するには男女の恋愛に置き換えれば分かりやすいよ。」

友達:「おとなめがねは自分が男の人を好きになるって考えられる?」

めがね:「ん~無理やな。想像できん。」

友達:「その感覚と同じなんだ。僕からすれば女性を恋愛対象に見るって全く考えられないだよ。」

めがね「な・・・なるほど。」


つまり同性愛者が同姓を好きになることはノンケの人が異性を好きになることと同じ。
逆を言えば、僕たちが同姓を好きになることが想像席無いように、同性愛者は異性を好きになることが出来ないんです

こうやって考えるとすごく共感することが出来ますよね。

結婚ってしたいものなの?

めがね:「結婚ってしたいものなの?」

友達:「日本だと同性愛者同士の結婚って出来ないからイメージし難いけど、ずっと一緒にいるパートナーみたいなのは欲しいと思うよ。」

めがね:「事実婚的な感じか。」


日本の制度的な理由から結婚っていうもののイメージはしにくいらしいですね。もっともっと制度がジェンダーに優しいものになってもらえるといいと思いますが・・・・
でもやっぱり僕と同じでずっと一緒にいるパートナー的な人は欲しいんですね。これも同じ気持ちなんですね。

子供が産めるようになったら産みたいと思う?

めがね:「将来、医療が発達して子供が産めるようになったら産みたいと思う?」

友達:「子供は欲しいと思うけど、産みたいかは分からないかな。」

友達:「それって不妊治療をして子供を産みたい?体外受精でも産みたい?っていう質問と同じ感じ。色々なリスクがあるからそういうのも考慮してって感じかな。」

めがね:「なるほど・・・・」


この質問もやっぱり男女の話に置き換えれば理解しやすいですね。子供を産めない体に医療の力を借りて産めるようにする。そこには色々なリスクがあるからそのリスクを考慮しても産みたいか否か?

その答えはそのときの状況や個人に寄るんでしょうね。

ゲイって性的な活動ってどんな感じなの?

めがね:「よくハッテン場とか聞くけど、ゲイって性的な活動ってどんな感じなの?」

友達:「結構活動的・・・ってか同性愛者の集まりってそういうのを求めての人たちが多いかな。」

めがね:「へぇ~それは男女でも採用して欲しいな笑(つまり友達もラッスンゴレライしたことが・・・?)。」


らしいです。もちろん男女の関係であってもそういうコミュニティーはあるでしょうが、同性愛者の場合はより顕著なようですね。ハッテン場とか出なくても同性愛者のコミュニティーは一般的には性活動には活発らしいです。これは何故なのでしょうかね。

一つは同性だから性的な触れあいがしやすいからでしょうか。男同士で股間をタッチしたり女の子同士でふざけて胸をもみ合うってことありますよね。異性の場合は犯罪になりますが、同性なら犯罪になることはありません。

またそういうコミュニティーに行く人はみんな同性愛者であり、付き合ったりすることを目的に行く人が多いんだと思います。だから出会いの場としての役割もあって、それは性を意識するには十分な理由でしょう。

そしてなにより、次に書いてありますがゲイにモテる人は「男性的な人」です。であれば男性的な部位、女性的な部位が好きな人たちが多いんでしょう。そうやって考えると、必然的にそういう関係になるのでは無いかと考えます。

同姓愛者にモテる人ってどんな人?

めがね:「ゲイにモテる人ってどんな人なの?」

友達:「やっぱり男っぽい!って人が多いね。」

友達:「マッチョとか毛深いとかそういう男っぽい感じのする人だね。」

めがね:「なるほどね。なんとなく分かる気がする。」


ゲイにモテる人は男っぽい人だそうですが、やっぱり色々好みがあるらしいです。ショタっぽい人が好きな人もいれば、女性っぽい男性が好きな人も。

つまり僕たちの好みと同じなんでですね!!

最後に

つらつらと書いていきましたが、まとめると

同性愛者を理解するには男女の恋愛に置き換えれば良い

という点にまとめられると思います。

ただ体の性別と好きな人の性別が同じなだけ。その他は全く僕たちとかわらないんです。(ちょっと性活動が活発なだけ)

だからちょっと性別を変えて考えてみるとしっくり来ます。
ジェンダーのことを考えるときには普通の男女の恋愛に置き換えてみれば簡単に理解することができる、この記事ではそれが一番言いたいことです。