なるトク! ~おとメの雑記ブログ~

旅行、グルメ、ニュース、FX、就活、映画、とにかく何でもネタにしていきますライフハック、ニ

芦ノ湖周辺にある箱根ホテルに泊まってきたよ!!おいしいフレンチに舌鼓。

こんにちは。大人めがねです。

この前、旅行で富士屋ホテル系列のホテル「箱根ホテル」に泊まってきました。

そこで箱根ホテルはどんな感じのホテルなのか?記事にしてみました。

f:id:narutoku:20170714142246j:plain

ホテル外観

f:id:narutoku:20170714141816j:plain

f:id:narutoku:20170714142232j:plain

ホテルの前にあるバス停を降りると目の間に巨大な建物が。

これが箱根ホテルか!!

流石あの富士屋ホテルなだけはあってすばらしい外観

変に凝った装飾は無く、シンプルな外観ながら洗練された雰囲気がありますね。

なんだかオラ、ワクワクしてきたゾ!!

早速中へ

外で立っていても何も起こりません。

とりあえず中に侵入・・・いえ、突入してみます。


f:id:narutoku:20170714142303j:plain


受付は意外と小さな机。横の黒い壁は大理石かな?

全体的な雰囲気は高級!!って感じではないものの漂う気品のある雰囲気

スタッフの対応は非常に丁寧で好感触でした


f:id:narutoku:20170714142829j:plain

下の階にはレストランとBARがあり、食事やお酒を楽しむ時には下の階へ。

ありがたいことにウェルカムドリンクのサービスがあったのでホテルに着いて早々、BARに行くことに(๑˃̵ᴗ˂̵)و


f:id:narutoku:20170714182756j:plain

芦ノ湖が独占できる最高のカウンター。

BARと言えど店内はテーブル席も結構あり、わりとカジュアルな感じ。

家族でも来やすい雰囲気だと思います。

変に堅苦しくなく、居心地がよかったなぁ。


f:id:narutoku:20170716000537j:plain


さてさて、ついにお待ちかねのお部屋へGO!!


f:id:narutoku:20170714183751j:plain


箱根ホテルはなんといっても芦ノ湖の畔にあるというロケーションが売りの一つ。

なので今回は芦ノ湖が見えるスーペリアツインに泊まりました。


f:id:narutoku:20170714184921j:plain


眺望はこんな感じです。

芦ノ湖が独占できる最高の景色!!

奥にみえる山々と青い空が芦ノ湖に反射し、映し鏡のような感じになってますね。

この景色をつまみにお酒を一杯、これは至福の一時でした。

因みに、天気が良ければ富士山が見えるらしいです。


f:id:narutoku:20170714183807j:plain


ベッドはあの帝国ホテルや東京ステーションホテルも採用しているシモンズのベッド

柔らかすぎず硬すぎず、寝心地は大変よろしゅうございました。


部屋の中で驚いたのはなんといっても天井の高さ。

多分4m近くはあるんじゃないか?っていうくらい天井が高く、38㎡の部屋とは思えない解放感がありました。

やっぱり天井の高さって大切。

部屋の印象がガラリと変わっちゃうんだね。

食事

今回、食事はフランス料理イル・ミラジォで食べることに。

f:id:narutoku:20170716003559j:plain

コースは気軽にお楽しみいただける全5品のコース「テロワール~Terroir~」(7,150円)

箱根でフレンチっていうのもいいよね!!


ここからは実際の料理を紹介していきますよ~

*お腹減っている人は注意!!


f:id:narutoku:20170716003726j:plain

コンソメゼリーと鯵のマリネ

まずは前菜。

口に入れた瞬間コンソメのジュレが溶け出し、口いっぱいに広がるコンソメの香りと旨味が鯵のマリネと一体化。

鯵の臭みは全く無く、前菜として文句無しの一品。


f:id:narutoku:20170716192045j:plain

じゃがいものポタージュ 北寄貝添え

お次はスープ。

所謂ヴィシソワーズって奴ですね。

しかし、魚介風のヴィシソワーズは初めてでした。

食感はジャガイモの滑らかな感じ。風味はクラムチャウダーのような魚介のスープ。

ヴィシソワーズとクラムチャウダーウダーの間のようなスープでした。


f:id:narutoku:20170716192756j:plain

虹鱒のオー・フー トマト入りヴァンブランソース 空豆添え

名前が難しくてよくわからなかったけど、とっても美味しかった!!

特にソースにも魚介の出汁がこれでもかっていうぐらい入ってる。

そしてそのソースに柔らかいニジマスを絡めてパクッと。

魚介の風味が口の中で爆発しました。

ちなみに、残ったソースもパンに着けて綺麗に頂きましたよ。

皿を洗う必要が無いくらいにね。(ૢ˃ꌂ˂⁎)


f:id:narutoku:20170716193548j:plain

牛フィレとズッキーニのステーキ バルサミコソース


追加料金1000円で国産の牛に出来たので国産牛にして貰いました!!

しっかりとした食感のお肉で、噛むたびにお肉の味がしっかりと感じられました。

味付けは軽く塩を振っただけですが、肉の味を楽しみたいならむしろソースは余計かも。

Simple is the bestを体現したような料理でした。

因みに、少しだけバルサミコソースを付けてさっぱりと頂くもの最高でした。


f:id:narutoku:20170716200652j:plain

メロンのソルベとスープ フロマージュブラン ヴァニラ風味にジュレと共に

最後はデザート!!

溶ける一歩手前くらいの柔らかさのソルベは食感もフルーティーさも完璧。

メロンのスープがさらにフルーティーさを倍増させ、もはや100%果汁を越えたフルーツ感といってもいいかも。

ソルベの下にあるフロマージュブランはほのかにチーズの風味が感じられ、メロンのスープとの相性が抜群でした。


料理全般は非常に満足!!

雰囲気も高給フレンチといった感じの硬さは無く、お子様のいる家族でも安心して来れる雰囲気のお店でした。

箱根ホテルの温泉


箱根に来たらやっぱり温泉だよね!!ってことで箱根ホテルの温泉をご紹介。

f:id:narutoku:20170716213730p:plain
引用箱根ホテル公式サイト

写真は撮れなかったので、公式サイトから引用させてもらいました。

箱根ホテルには「芦ノ湖の湯」と「大観の湯」があります。

僕は朝方、芦ノ湖の湯に入りました。

f:id:narutoku:20170716214536p:plain
引用箱根ホテル公式サイト

温泉の温度はそこまで熱すぎず、長湯が出来る温度だったので、目の前に広がる芦ノ湖の絶景を心行くまで楽しむことが出来ました。

源泉は単純硫黄泉らしいですが、匂いなどは一切なく、クセの無い温泉です。

温泉と言ったら白濁!硫黄の香り!って方にはちょっと物足りないかもしれませんね。

しかし、眺望は最高なので十分に満足できる温泉でしたよ。

全体的な感想

今回初めて箱根ホテルに泊まってみましたが、周辺施設以外は最高のホテルだと思います。

眺望は最高ですし、レストランも最高。

温泉も文句なし。

しかし、周りにコンビニが無いのが欠点

僕は良く、コンビニなどでお酒やおつまみを買って、ホテルの部屋でゆっくり飲んだりします。

だから近くにコンビニがあると嬉しいんですが、箱根ホテルの周りにはコンビニはありませんでした。

目の前にこじんまりとしたお土産屋さんくらい・・・・

なので部屋でお酒を飲みたい人は事前に買っておきましょう!!(元箱根にはコンビニがありました。)



こんな記事も書いてます

naru-toku.hatenablog.com

カテゴリー階層 はてな内 カテゴリー階層