なるトク! ~おとメの雑記ブログ~

旅行、グルメ、ニュース、FX、就活、映画、とにかく何でもネタにしていきますライフハック、ニ

箱根旅行を楽しみたいなら箱根を右回りで観光すべし。

有名な温泉地の一つ、「箱根」

箱根の魅力は大涌谷や芦ノ湖など、温泉以外にも様々な観光地があることでしょう。

その分、週末となると人混みが大変ですが・・・・

せっかくの旅行なら人混みを回避して観光したいですよね?

そこで箱根温泉ヘビーユーザーのおとメがこれから箱根に旅行に行く人に向けて人混みを回避する裏技を教えちゃいます。

f:id:narutoku:20170808224509j:plain

箱根簡易マップ


f:id:narutoku:20170713200839j:plain

箱根には主として右回り、左回りのルートがあります。

右回りで観光する人は小涌園辺りから箱根町に出て、遊覧船で桃源台まで渡り、大涌谷経由で箱根湯本に戻ります。

このような観光ルートで観光する場合にはどこかで1泊する方がゆっくりと観光が出来、箱根を満喫することができます。


一方、左周りで観光する人は箱根を一周することはあまりありません。

桃源台辺りでまた大涌谷に引き返し、箱根湯本にまで戻る方が沢山います。

大涌谷が人気の観光スポットなので、日帰り旅行の方や箱根湯本付近にホテルを取っている人はこのような観光ルートになるんでしょうね。


箱根はこのような感じで右回りと左回りの観光ルートが存在する場所です。


箱根を観光するなら右回りルート


箱根を観光するのであれば、絶対に右回りのルートをおススメします。


それは時間を調整すれば右回りの方が混雑しないで観光ができるからです。


基本的に箱根での観光客の流れは午前中から午後2時くらいまでは箱根→大涌谷→芦ノ湖、午後から16時くらいにかけて芦ノ湖→大涌谷→箱根湯本という流れがあります。


これは箱根湯本~強羅辺りの旅館が人気なのが原因です。

f:id:narutoku:20170808230124j:plain


箱根湯本や強羅の旅館で泊まっている人が大涌谷や芦ノ湖まで観光するとなると必然的に皆同じようなルートになってしまう

だから電車もロープ―ウェイも混雑してしまうんですよ。

混雑時の大涌谷は観光どころではありません。

誰か事故るんじゃないのってくらいの人混みです。

混雑した観光地って嫌ですよね。

そこでその人混みを回避できる方法が「右回りで観光する」という方法です。

僕は箱根で1泊するときは芦ノ湖辺周辺でホテルを取り、右回りで回るようにしています。


初日は箱根湯本~小涌谷~芦ノ湖まで観光し、2日目の午前中のうちに芦ノ湖~大涌谷辺りまで観光する。


そうする上手く混雑する時間を避けながら遊覧船やロープウェイを利用でき、大涌谷も優雅に観光することができるんです。


箱根に行くとき、いつも自分が乗る方向とは逆のロープ―ウェイは非常に混雑しているので大変そうだな~って思ってます (ง ˙ω˙)ว

人混みを回避したいのであれば是非、右回りの観光ルート+芦ノ湖周辺でホテルを取るようにしましょう。


これが最善の観光ルートですよ!!


naru-toku.hatenablog.com

カテゴリー階層 はてな内 カテゴリー階層