なるトク! ~おとメの雑記ブログ~

旅行、グルメ、ニュース、FX、就活、映画、とにかく何でもネタにしていきますライフハック、ニ

理系学生は特にインターンシップに参加すべき!就活に役立つメリットが沢山。デメリットも・・・

スポンサーリンク

こんにちは。「おとメ」ことおとなめがねです。

私は大学~大学院の間に7社のインターンシップに参加しました。

そして就活を通じてインターンシップが如何に就職活動に役立つかを実感しました。

そこで私の実体験を基にインターンシップのメリットについて書いていきたいと思います。

f:id:narutoku:20170602070523j:plain

インターンシップってそもそも何?

インターンシップというのは簡単に言えば実際に企業に行き、そこで仕事を体験することができる就業体験プログラムです。

私の場合、ある企業のインターンシップで工場のプロセスを設計する部署に配属され、タンクやアラームの設計に携わったりしました。
P&IDやらPFDやら・・・まったく知らないことばかりでしたが、多くの社会人と知り合うことが出来たり、仕事のイメージがついたり、個人的にはとても楽しかったです。

仕事って意外と地味なんだということも分かりましたし。


インターンシップには参加した方がいいの?

参加できるなら絶対に参加した方がいい

「就活の準備なんてまだ早いんじゃね?」「研究が忙しいし・・・」「できれば長期休みは遊びたいなぁ」

なんて思っている人!!安心してください。インターンシップは1日だけのところもあります。

だから忙しい人も是非、参加してみてください。

ではなぜ、インターンシップに参加すべきなのか?

圧倒的にインターンシップ生を優遇する企業がある

どこの企業でも就職活動の際、ある程度はインターンシップ生が優遇されます。

実際に周りの話を聞いてみたところ

  • インターンシップが終わったら内定をくれた。(ベイカレントコンサルティング)
  • 最終面接のみで内定が貰えた(エスケー化研)
  • 通常の選考よりも早めに選考があった。(DIC)

なんて感じで大なり小なり、選考で優遇されています。

もちろん、千代田化工建設のようにインターンシップ生を全く優遇しないところもありますが、かなりの企業がインターンシップ生に何かしらの優遇措置を取っています。


特に就職活動期間が短くなった今、ますますインターンシップの重要性は高くなっています。内定者の9割近くがインターンシップ生(内定者談)だったという企業もあります。

なので絶対にインターンシップには参加するようにしてください。


複雑な職種について知ることができる

何となく営業やマーケティングって言われると何をやるかイメージ出来ますよね?

しかし、理系職となると・・・


生産技術職って何?製造職とかエンジニアとは違うの?

基礎研究と研究開発って何が違うの?

工場で働く人って何やるの?ひたすらライン作業?


理系職は少しイメージがつき難い職種が多いです。

インターンシップに行くと自分が所属する部署以外にもいろいろな部署を紹介してくれたりするので就活本番でどういった職種を志望するか決めやすくなります。

また、就職活動中の面接で「生産技術ってどういうイメージ?」「開発職でどんなことしたいの?」という形で職種に対する知識が必要な質問などもされます。

なので職種の知識をつけるためにもインターンシップに参加した方が良いです。

業界の知識がついて、面接で使える

消費財メーカーのインターンに行けば消費財メーカーの業界知識が、プラントエンジニアリング企業のインターンに行けばプラントエンジニアリング業界の知識が得られます。

例えば代表的な消費財メーカーである

  • 花王
  • ライオン
  • ユニリーバ
  • P&G

この4社の違いって分かりますか?就活前の私はどの企業がどんな製品を扱っているかも知りませんでした。


就活では他社ではなくなぜその企業を志望するか?ということは絶対に聞かれます。

インターネットや本から知識を仕入れても志望動機は書くことは出来るでしょう。

しかし、実際にインターンシップを通じて体験をし、得られた「知識」や「感じたこと」を言うことが出来たら説得力が上が、他の学生との差別化に繋がります。

なので行きたい企業が決まっていない人であってもインターンシップに行けば必ず、何かしらのメリットがあります。

行こうか迷っている人は是非、行くようにしてください。



f:id:narutoku:20170601070848j:plain

インターンシップに参加するデメリットってあるの?

オーケーオーケー。インターンシップに参加するメリットは分かった。

では逆にデメリットってないの?って方。

実はインターンシップにもデメリットがあります。

ではどんなデメリットがあるのでしょうか?

インターンシップ中の態度によっては本番で切られることも

1日や1週間程度のインターンシップであれば、それほど学生を注意深く見ることは出来ないでしょう。

しかし、3週間やもっと長期のインターンシップですと、それぞれの学生の能力やポテンシャルといったものが見えてしまいます。

ある企業のインターンシップでは、インターンシップの期間である3週間の間に使えない学生と判断された場合、「君は就活本番でエントリーしても無駄だからエントリーしない方が良い」なんて言われることもあるそうです。

なので長期のインターンシップには就職本番に影響があることを心に留め、取り組む必要があります。


*逆を言えば良い印象を与えられればほぼ内定が近づくということですが


学会や研究がおろそかになる可能性がある

インターンシップの過渡期といえば7月~10月、1月~2月です。

しかし、この時期には学会が多く開催されており、研究や資料作りに忙しくなる時期です。

なのでインターンシップばかりに目が行ってしまうと学業自体がおろそかになってしまいます。


理系学生が就活で成功するためには学生時代に「研究」を真面目にやってきたか?がキーワードになります。

なので時間という点ではインターンシップがデメリットに働いてしまうと言えるでしょう。


それでもやっぱりインターンシップには参加しよう

色々なデメリットを紹介しましたが、それでもやっぱりインターンシップには参加した方が絶対に良いでしょう。

実際に企業で働くってどんな感じ?ということを知ることは絶対にプラスに働きます。


「博士課程に行くべきか」「企業で働くべきか」といった悩みを抱える学生も出てきます。



就活で有利になるなら参加してみるか、くらいの気持ちでも構いません。絶対に就活本番になって「あのときインターンシップに参加して良かった」と思う日が来ます。

なので是非、前向きに検討してみてください。






カテゴリー階層 はてな内 カテゴリー階層