なるトク! ~おとメの雑記ブログ~

旅行、グルメ、ニュース、FX、就活、映画、とにかく何でもネタにしていきますライフハック、ニ

就職活動を通じて企業がいかに学生に優しくないかを実感した【就活理不尽】

スポンサーリンク

こんにちは。最近5月病が発症した「おとメ」ことおとなガネです。

ついこの前まで就活をして実感したこと、それは

就活がいかに学生に不利なことが多いか

ということです。

f:id:narutoku:20170527093518j:plain

そのため、就活中の人やこれから就活する人に「こんなことあるんだよ」ということを伝えたい。ってかぶっちゃけ愚痴をこぼしたい。そんな想いを込めてこの記事を書きました。

選考に関係ないから気軽に来てくださいという罠


この前、エントリーした企業からこんなメールが届きました。

先日はお忙しい中、弊社説明会にお越しいただき誠にありがとうございました。

ご提出いただいたESおよび研究概要を
選考した結果、おとなメガネさんはみごと合格となりました。

そこで書類選考に合格したおとなメガネさんに弊社をより良く知ってもらうため、
個別説明会にお越しいただきたくご連絡差し上げております。

ほー。書類通ったら通過者のみの説明会があるのか。

たしか説明会で就活解禁月である6月以降にしか面接をしないって言ってよな・・・・

あんまり企業のこと知らないからとりあえず行ってみるか。

そう思った私は特になにも準備せず、個別説明会に行ってみました。





結果・・・・・・





普通の面接ですやん∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ

普通に志望動機とか学生時代頑張ったこととか聞かれるやん。
なんなんホンマ


「会社見学会」「少人数説明会」「リクルーター面談」


メールで選考には一切関係ありませんって言っててもどれも普通の面接でした。


最初っから面接って言うてくれたら準備するのに!!


f:id:narutoku:20170525213640j:plain



推薦書(人物紹介書)という名の悪魔の契約書

皆さんは知ってますか?理系の大学院生の就活では、推薦応募と自由応募という2種類の応募方法があるんです。

推薦応募というのは、推薦書という自分が所属する教授か学校が自分のことを紹介する資料を提出した上で選考してもらう応募方法!!企業によりますがほぼ100%内定をもらえたり、書類選考免除であったり、最終面接のみの選考など・・・とにかく何かしらの形で選考が有利になるんです!!
*コレが大学院生が就活が楽だといわれる所以

だったら推薦応募しまくりゃいいじゃん!!内定取りまくれるやん!!


いやいや。そんなに甘くないんですよ。推薦書には「絶対に内定を蹴ることができない」といったデメリットがあります。

推薦書出しても切れるよ!って言っている人もいますけど、本当にそんなに甘いものじゃありません。推薦書は諸刃の剣みたいなもんですね。


そういうわけもあって特に行きたい企業が決まっていなかった私は,
自由応募ののみで就活を行なっていました。拘束されたくないしね。




な・の・に!!





とある企業の選考を受け、最終面接を終えた日に来た電話で言われたこと。それは



最終面接は合格とさせていただきます。
つきましては、推薦書を提出していただいた時点で内々定を出させていただきたいと思います。



( ゚д゚)ん??



推薦書を提出していただいた時点で内々定・・・・





( ゚д゚)








( ゚д゚ )









( ゚д゚)





( ゚д゚)え、ちょっと待って待って。最終面接通過したら内内定もらえるんやないの?


最終面接合格→推薦書提出→内内定ってこと?


え、わたくし自由応募で選考してるんですけど・・・

ってかあなたの企業選考早すぎて、まだ色んな企業を見てみたいんですけど。








クッこれが貴様らのやり方かーーーーーーーーー!!!???


f:id:narutoku:20170525214553j:plain


結局
「学校の規定で6月まで推薦書出せないんですけど・・・・(泣)」
「じゃあ人物紹介書(推薦書に近い)でもいいよ」
「そういった書類は提出できないんですぅぅぅ」

で内内定を貰うこと出来ましたけどね。



でも自由応募で選考したのに最後の最後で推薦書と内々定を交換するシステムってひどくない!?

人事にも採用人数のノルマがあるのはわかるけど、学生だって人生かかってるんだよ?

そんなこんなで推薦書という最も厄介な就活オワレハラスメントを経験したおとなメガネでした。



不動の面接日程お化け

選考の結果、是非2次面談へご来社頂きたく存じます。

付きましては、以下の通りご案内申し上げます。何かとご多忙の時期とは存じますが、ご出席の程宜しくお願い申し上げます。

■面接日時:2017年4月20日 15:00~

  
いやいやいやいや!!待って待って。

その日はもう他社の面接予約してあるから!!

(╥ω╥`)まぁその日は研究室の用事で行けないってことにしよう。
うん。そうだ外部機関へ分析器を借りにいくことにしよう。






メガネ「すいません、その日は無理です。」







人事「こっちも無理











(;´༎ຶД༎ຶ`)えぇぇぇぇ!?




勝手に面接日設定しておいて日程変更不可!?何それ!?
そんなことあるの?そんなことあっていいの?


就活期間が短くなった弊害でESの締め切りや面接の時期がどこも同じような時期になってるっていうのに。。。。


もちろん、面接日を変更してくれるところもありますが、面接日がものすごく後になってしまったり(面接は早いほうが有利)、そもそも変更できなかったり・・・





(´-ω-`)流石に酷すぎないかい企業さんや・・・・





特に「あまり行く気は無い滑り止めの企業の最終面接」と「志望度の高い企業の説明会」が被ったときは結構悩みました。



まとめ

他にも、「説明会の予約競争」「女性用特別枠」「片道のみ交通費支給」などなど


就職活動は理不尽なことで溢れていやがる!!





まぁそういった理不尽に反発しても疲れるだけなんですけどね。

おとなメガネ的経験から言うといかにその理不尽を回避するか?(推薦書の提出を遅らせるなど)

そういったことに頭を使った方がいいかなと思います。


みなさんも就活頑張ってください!!

そして企業の人事の方
貴社の事情は重々承知しております。
しかし、その上で申し上げます。





もう少し学生のこと考えろや!!!!!!



何卒、よろしくお願い致します。
末筆ながら貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

おとなメガネ



カテゴリー階層 はてな内 カテゴリー階層