読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるトク! ~お役立ち情報ブログ~

旅行、グルメ、ライフハック、ニュース、FX、映画、とにかく何でもネタにしていきます

【スポンサーリンク】

「野菜の選び方!」 よく使う野菜5つを紹介

一人暮らしをすると、以前よりも野菜を買うことが多くなります。

そういうとき、ふと「野菜ってどうやって選べばいいんだ?」と思うことがよくありました。

f:id:narutoku:20141104230438j:plain

野菜にも人間と同じく個性があります。

同じ野菜、同じ農家のものでもそれぞれ形や味が違いますよね。

どうせ同じ価格なら少しでもおいしい野菜を選びたい!

そんな風に思ったので、よく使う野菜の選び方を紹介します!!



よく使う野菜の選び方

f:id:narutoku:20141104221711j:plain

にんじんの選び方

- 太い部分の上にある茎の切り口の半径が小さいもの

  • 茎の部分の切り口が黒ずんでいないもの
  • おヒゲのないもの
  • 表面に傷がなく、表面にハリがあり、色が鮮やかなもの
  • 袋に入っているときは、袋に水滴がついていないもの


にんじんの茎の大きさは、にんじんの中の色の薄い芯の部分と同じです。そのため、茎の細いものは芯も細いということです。芯は硬く、甘みも少ないため、芯が細いほうがおいしいにんじんです。

にんじんの色はベータカロチンの色なので、色が多いほうがこれが多いといえます。また袋に水滴がついていると、それはにんじんから出た水分なので、水滴がついていないほうがみずみずしいにんじんです。

大根の選び方

  • ずっしりと重いもの
  • 全体にハリとツヤがあるもの
  • 太くてまっすぐ伸びているもの
  • 毛穴が浅く、すくないもの
  • 葉がまっすぐしっかりとしているもの

ずっしりと重いということは水分が多く含まれているため、みずみずしい。
全体にハリとツヤがあるものは若くて新鮮である証拠。

キャベツの選び方

  • 春はふんわりまいているもの
  • 冬はしっかりまいていて、ずっしりしているもの
  • 外側の葉っぱが緑色なもの
  • 芯の切り口が小さく、みずみずしいもの
  • カットキャベツは芯が真ん中よりすこし長いくらいのもの

キャベツは春と冬で選び方が違うことを覚えておこう。
外側の葉っぱが緑色のものや、芯の切り口がみずみずしいものは新鮮である証拠。

ジャガイモの選び方

ジャガイモは品種によって少し異なります。

男爵いも(煮崩れしやすいため、ポテトサラダやマッシュに最適)

- 中くらいの大きさのもの

  • ずっしりと重いもの
  • 表面にシワがよっていないもの
  • 色が緑がかっていないもの
  • 芽が少ないもの



メークイーン(煮崩れしにくいので肉じゃがやポトフに最適)

  • 表面のデコボコが少なく、滑らかなもの
  • ずっしりと重いもの
  • 表面にシワがよっていないもの
  • 色が緑がかっていないもの
  • 芽が少ないもの

ジャガイモは光に当たると緑がかってしまうため、色は要注意。
ジャガイモの中がスカスカなものってありますよね?あれを見分けることはできないらしいです。でも、ずっしりと重いジャガイモであれば、中がスカスカな可能性は少ないですよね。

茄子の見分け方

  • へたが黒く、トゲがしっかりしているもの

  • 全体的に太く、首まで太いもの
  • 表面に光沢があり、色が黒いもの
  • シワのないもの
  • へたの切り口が新鮮なもの
  • しっかりと重く、やわらかくないもの

新鮮な茄子はへたのトゲがしっかりしています。また、首が細いものはまだ未熟なものなので、まるまると太ったものを選びましょう。


ブログランキングに協力してくださると運気がUPします(嘘です)!(-m-)

follow us in feedly